【イベントレポート】\商店街グルメさんぽ@荒川区熊野前/

満員御礼!荒川区暮らしを想像するシミュレーション散歩

商店街をめぐる街歩き、おかげさまで満員御礼、参加枠を少し増やしての開催となりました。
いつも想像建築のイベントに来てくださる常連さんたちや、初めて荒川区に来た!という方々もいらっしゃいました。

それでは当日の様子を時系列でご紹介します。

スタートは商店街の入り口

想像建築の近くには大きな商店街があります。
『はっぴいもーる熊野前』と『おぐ銀座商店街』。2つの商店街が連なっています。
最寄りの駅は都電と日暮里・舎人ライナーの熊野前駅、というローカルな場所ですが、地元の人で賑わう街に根付いた元気な商店街です。

この商店街の入り口に集合!
今日の趣旨とルートをお話した後、みなさんで自己紹介をしあいました。

そして街歩き用に「街歩きのしおり」を作ったので、こちらを配布。

商店街の奥までぶらり

2つの商店街、あわせて約800mを巡ります。
老舗の『むさしのあられ』さんや、最近オープンして大人気のシフォンケーキ専門店『ラメゾンドゥアンジェ』さん、30種類以上のおでんが店頭で煮込まれている『九州屋蒲鉾店』さんなど、地元の人気店をご案内しました。

商店街の中に小学校や区民ホールなど公共のものがあるのも特徴で、そういった商店街の個性も見ていただけたかと思います。



商店街の間に休憩スペースがあったり、ゆるい手書きの看板があったり。
実は歴史的スポットも商店街の中に隠れていて、そんなことをご説明しながら進みました。

皆さん、色々と購入してどんどん両手がふさがっていきます。
「近所にこんなに豊かな商店街あったら、毎日のように買っちゃいますね」とニコニコの参加者さんも。

ギャラリーで昔の商店街を知る


商店街の一番奥にあるギャラリー+カフェ+シェアハウス『OGU MAG+』へ。
ちょうど、17年前の商店街の写真が展示されていました。
(小泉定弘写真展 「あらかわの下町商店街」)

「いま通った道がこういう姿だったんだ」「当時はこのお店が賑わってましたよ」など、皆さんと語らいながら拝見しました。
たった17年前ですが減ったお店も数多く、しんみりする気持ちが湧きつつ...
ですが写っている人々の弾けるような笑顔は今も変わらず。地域の生活に根ざした商店街の活気もそうです。今に通ずるこの街の良さを再確認できました。

さらにギャラリーの上にあるシェアハウスも見学させていただきました。
先日オープンしたばかりのほやほや物件!



外観からは想像つかないユニークなお部屋。
「商店街で買い物して、銭湯行って、下のギャラリー見て、ここで制作して、暮らす。すごくいい!」と、一同興奮でした。

たくさんのお気遣いをしてくださったOGU MAG+の齊藤さん、写真家の小泉先生、ありがとうございました。
(住人さん募集中だそうです!詳細はこちら

想像建築の空き地でピクニック

OGU MAG+さんから商店街を折り返し、想像建築の空き地へ移動です。
建築計画の立て看板が設置されてる中でピクニック!笑
ちょうど目隠しみたいになってくれて、隠れスポット感が増しました(物は言いよう)

クラフトコーラマイスターによるクラフトコーラ振る舞い


今回のイベント、ゲストとしてクラフトコーラマイスターの鯉淵さんに来ていただきました。
参加者の皆さんが購入したお惣菜に合うクラフトコーラをその場でセレクト、振舞ってくださるという即興ドリンクバーを披露!


「よくあるコーラと何が違うの?」「これはどこでつくられたの?」などの疑問にもぽんぽん答えてくださる鯉淵さん。
クラフトコーラ初体験の方も多く、これを機に家でも飲みたい!という方もいらっしゃいました。


パンにはこれ、おでんにはこれ、と解説しながら振舞ってくださいました。
商店街の味とクラフトコーラをペアリングしながらいただきました。

イベントはこれにて終了。

「新旧入り混じって賑わう商店街、初めて来たけど来るもの拒まずな精神が伝わってきました!すてきな街でした。」
「尾久〜町屋を堪能できました。また来ます。」

などとご感想いただきました!

当日はお天気にもめぐまれ、あたたかなみなさまにご参加いただき、無事にイベントを終えることが出来ました。
コロナ感染対策として、マスク着用や消毒などのご協力もいただき、ありがとうございました。

参加者さんが当日の様子をムービーにしてくださいました!


1日を思い返せる素敵な映像です。こちらから見られます!

\SHARE/