建築家と行く下町・荒川区の「今昔」街歩き

「地域に愛着をもって暮らす人を増やす」、そんな思いで荒川区町屋にて活動を行っている「想像建築」プロジェクトが、街歩きを開催します。

「今昔マップ」片手に荒川区暮らしを想像するシミュレーション散歩

荒川区暮らしを想像するシミュレーション散歩企画第2弾。
ガイドは地元の建築家・山本展久さんと、想像建築主催の戸田江美です。

荒川区町屋周辺を、今回のために作成する「今昔マップ」をもとにご案内します。

このエリアは、ひと昔前は路地裏にいくつもの川が流れ、路地や公園では子供達が走り回り、尾久温泉が湧き、料亭が建ち、映画館が並んでいました。
その痕跡は街のいたるところに残っています。
今回の街歩きはそんなかつて川だったところからはじまります。

その後は、定期的にマルシェが開かれる「尾久の原公園」や、ヨガフェスで注目が集まる「熊野前商店街」など、荒川区の今を巡ります。

さらに、整備が進められている隅田川沿いの「水辺テラス」や、川から街を繋ぐように広げられている「宮前公園」など、未来の姿も現地でご紹介。

昔、今、未来、それぞれの荒川区を重ね合わせると、どんな特徴が見えてくるのでしょうか。
川、道、公園、広場...これら公共のスペースをキーワードに、みんなで荒川区らしい風景をみつけながら、日常が楽しくなる荒川区暮らしを、想像してみませんか?

ご案内するスポット例

・川を埋め立ててできた曲がりくねった路地裏
・区民で賑わう「尾久の原」などの公園たち
・新設予定の「水辺テラス」や図書館や保育施設が併設される「宮前公園」
など。
リアルな荒川区町屋暮らしを体験できるよう、地元民だからこそ知る素敵なお店、人、道もご案内します。

ガイド


山本展久さん
山本展久アトリエ 荒川企画室 主宰 / 86400合同会社 代表。
一級建築士建築の設計活動をするかたわら、区内の職人と協働して家具・日用品をつくる会社を経営。
荒川区に住んで10年、荒川区景観まちづくり塾や都市計画審議委員会、消防団など、さまざまにまちと関わりながら活動しています。

戸田江美
想像建築 主催。荒川区東尾久にある「トダビューハイツ」大家。フリーランスデザイナー、イラストレーター。
生まれも育ちも荒川区。
現在、荒川区町屋にある空き地に建てる賃貸物件の住人さん探し&荒川区に愛着を持って暮らす人を増やすプロジェクト「想像建築」を主催しています。

日時

2019年10月26日(土)14時〜17時

集合場所

想像建築の空き地(東京都荒川区町屋4-35-4)
MAPはこちら

■最寄り
都営バス「大門小学校前」駅 徒歩1分
舎人ライナー・都電荒川線「熊野前」駅 徒歩10分
地下鉄千代田線・京成線「町屋」駅 徒歩15分

※雨天時の開催については当サイト・SNSで発表します

参加対象者

荒川区に住まいを検討している方
想像建築プロジェクトに興味のある方
愛着を持って暮らせる街を探している方
荒川区が好きな方

参加費

1200円
街歩きをしながらご飯を食べたりする場合があります。飲食代などは実費でお願いします。

定員

10名

お申し込みフォーム

注意事項

・少雨決行、荒天中止。(中止の場合はメール、各SNS上でできるだけ早くご案内します)
・やむを得ない事情によりキャンセルする場合は、速やかに主催者までご連絡ください。
・当日の様子は撮影し、想像建築のサイトやSNSなど一部メディアに掲載される可能性がございます。
・営業、勧誘、迷惑行為を一切禁止します。勧誘行為や迷惑行為にてクレームがあった場合、ご本人と所属する団体(会社)の以後のイベントへの参加はお断りいたします。

\SHARE/